お茶を手に入れました

先の大茶会では、こんなお茶を手に入れました。
お茶好きさんが選ばれるであろうお茶?を外してなるべく飲んだ事の無いものを選んでみました。
メジャーなお茶は、きっと誰かが持込みで来られるだろうと予測してというのは秘密だ。

入手したお茶


【まきのはらわせ】【ほうりょく】
共に天竜の生産農家さんのお茶で今年のお茶は手摘みだそうです。
昨年は「Z-1」を出されていて即買いしましたが、こちらの品種は昨年ありませんでした。
お話を伺うと、高齢化などで栽培困難になった畑を引き継いだりしていたら品種が増えたと仰っていました。

また改植などで多くの農家さんが「やぶきた」に変更され、このような単独品種は少なくなりつつあるというお話も伺えたので、どうしても飲んでみたくて選びました。

【雲南紅茶】
会場でお会いしたお知り合いが「無茶おいしいからっ!」と絶賛されていたので選びました。
というか、買っとかないと関係各方面から「なんで買ってないん!?」とか言われそうですしね。。。

【丸釜炒り製法 静-7132】【手炒り青柳式製法 やまかい 】
【萎凋 刈晩 やまかい 】
牧之原の生産農家さんのお茶で、ここの若い園主は『発酵茶のデパートや〜♪』ってくらい多種のお茶を作って持込まれていました。
その中から香りに特徴がありそうな「静-7132」と「やまかい」を選びました。

【石巻 桃生茶】【富士ノ山北茶】
宮城県のお茶屋さんが持込まれていたお茶だというだけで購入させていただこうと考えて選びました。桃生(ものう)茶は北限の茶という珍しさもあります。

【阿里山 金萱茶】【梨山 青心烏龍】【阿里山 青心烏龍】
同じ宮城県のお茶屋さん扱いの中国茶。去年は去年でよかったのだけれども(実は去年も買っている…)今回のはそれ以上にとても出来が良いということでしたので、これは単純に個人的に飲みたくて。

【釜炒り茶 いろは】
奈良で自然農で釜炒りを始めたという農家さんを微力ながら応援できたらと思って選びました。
うちのお店の名前を言うと知っていてくださってて、聞けば先の牧之原の生産農家さんともお知り合いということで、二度びっくり。悪い事はできませんなあ。(してないけど)
とても若い生産家でありましたので、取り巻く状況は厳しいけど、これからも頑張っていただきたいという思いも込めて。

【あさひ】
お知り合いの茶舗さんのお抹茶。家内の「美味しいっ!」という一言で即決(^^;
濃くて深い香りがあって本当においしいお抹茶でした。
一緒に写っている赤い巾着にはお茶飴が入っています。
これは茶舗さんさんからのいただきものですが、両方ともしれっと私からの家内へプレゼントということに☆\(- -;

・・・・

結果的に、わかっちゃいるけど、またストックを増やしてしまいました。。

というわけで、これら(一部のお茶は全量自家消費するものもありますが)を『お茶会で一度に飲み比べ〜』というのも無茶な話なので2〜3種類を週末毎にご提供するとか、何か方法はあると思いますので、気になる方はリクエストをお寄せ下さい。

だってシンプルに『いろいろなお茶を飲んでみたい』でしょ。>心当たり
※但し、お茶によっては量がとても少ないので人数制限する場合があります。