美醗香茶の販売

先の吉田山のイベントにおいて、うちの常連様とご一緒になり、川根の生産者様が作られた水出しのお茶を飲ませていただいたのですが、「この味ってどうなの?」みたいな話で各々感想を言い合っていたら、その一画だけ立ち寄り難い雰囲気になってたような気がします。

さておき、その感想は決して「何だかなあ」という意味ではなく、醗酵させたお茶の香りがまるで「黒豆茶」のような感じになっていたからそう言う感想が出たまでで、兎に角特徴のあるお茶ではありました。

そういうお茶たっだので、うちのお店でもご紹介(販売)できないかとお尋ねしたところ、イベント当日の手持ちは無くなったとの事でした。

でもそういうお茶をご紹介したくて少量ではありますが仕入れてみました。
名前を『美醗香茶 黒 光 Noir』といい、主たる品種は「つゆひかり」となっています。
入荷量は40g入りパッケージで限定数「5」です。

本日改めてお湯で淹れてみましたが、最初は確かに香ばしいような焦げのような香りが感じられますが、飲み込んでしばらくすると緑茶の香り(煎茶特有の青葉の香り)が遠くから戻ってきました。

この感覚が自分だけのものなのかどうかわからなかったのですが、今日たまたまお友達のカフェオーナーが来店されたので飲んでもらったら、何と同じ感想を言われたので驚きました。

曰く「中国系のお茶と見せかけつつ日本の味に帰ってきやはるお茶」みたいな感じだと。
おかしな表現ですが、私ら結構感覚で飲んでますんで、こんな感想になるんでしょうかね。
何れにせよ、なかなか面白いキャラクターであります。

そんな美醗香茶。毎度の事無くなり次第終了となりますが、気になる方は是非お電話・メールでのキープ(取り置きいたします)または店頭にてお買い求めいただきますようお願いいたします。