可能性

昨日は夕方から煎茶道クラブの方が後輩をお連れになってご来店。

なんかね、こういうお若い方が新入部員が増えたという報告とともに後輩を連れて再来店してくださったってのがとても嬉しい。

なので、ちょっと張切ってサービスしたので3時間ほどかかってしまった(^^;
愛想ない対応になってしまった常連様には御免なさいm(._.)m
ただまあ皆さん喜んでいただけたようで何よりでございました。

リーフのお茶離れが嘆かれている昨今だけども、こういう若い方がお茶に興味・関心を持ってくださるのならリーフのお茶の魅力を伝えてゆける可能性はあるよね。とか勝手に思ってしまった。

それが嬉しくて3時間も引っ張ってしまった訳ですが、私も自分が出来る事。
色々やってみますが、まずはお店の知名度アップやな←実は6年目(滝泣)