濃い一日…

毎年の八十八夜のその日。京都・宇治で茶摘みの集いというイベントがあり茶摘み体験や工場見学ができるということで、お客様(煎茶道部の学生さんと常連様)の引率という形で宇治まで行ってきました。

参加者は私を含め10名様。

まず先に第二会場に向かい茶業研究所で皆さんが製茶工場を見学している間、私は手揉み体験させていただいていたら、一人で来られた別の常連様に見つかりご一緒する事に。

学生の皆さん(ほぼ女性)は始めての事だらけだからかとても盛り上がり、アンケートの御礼に碾茶をプレゼントされるに及んでテンションマックス。これだけで「来てよかった〜」らしいです(笑)

茶園(煎茶)に入れば入ったで黙々と茶摘みしながらインタビューとか受けてはりました。
続いて会場を第一会場の宇治茶会館に移して皆さんは玉露園での茶摘み体験。

その間に私は後から来られた常連様と”お茶の淹れ方教室”に参加。
そこで本日一番”濃い”出来事が。。。

順番待ちしている我々の前に流暢な日本語を話される外国人の男性が一人。
案内の方となんとなく話をしているうちに私が日本茶が飲めるお店をやっているという事がわかった途端、その方の食いつきが半端なく。

なんでも海外向けに日本のお茶を輸出されている方なのだそうで、そりゃこちらも気になりますわな。
そしたら案内の方が気をきかせてくださって三人揃って同じテーブルにつく事に(笑)

そこで私と常連様のお知り合いのスタッフさんがいらして、その方がこの男性のお知り合いだと言う事がわかり。
なんかこのテーブルだけ妙に盛り上がってしまいました。やっぱ”ご縁”ってこういうものなんでしょうね。

そんなこんな色々ありましたが最後は全員揃って宇治駅まで戻って解散となりました。
ご参加くださった皆さん暑い中お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

また何かありましたら(笑)これに懲りずによろしくお願いいたします。