紅茶が届く

開店当初よりお付き合いいただいている静岡の若い生産者さんから紅茶が届きました。

紅茶の品種は”香駿”と”べにふうき”で共に単独品種。
開封した時の香りは紅茶のそれで外観は奇麗に仕上がっています。
標準的な分量を少し長めに蒸らすという淹れ方で試してみました。

香駿は渋味が少し弱い感じがします。
ライトな感じといえばそうで飲み込んだ直後に消えてゆくという感じでしょうか。

べにふうきはこの品種独特の香りを感じることが多いのですが、淹れてみるとそのクセのようなものはあまり気になりませんでしたし香駿に比べて渋味も出ていました。

丁度来阪された常連様にも飲んでいただいき感想をお伺いしたりしていたのですが”ミルクを入れたら紅茶のキャラクターが負けるかどうか”というのを試してみたところ、これがとても美味しいと絶賛?され。。。

私もミルク入れて飲んだのは今回が始めてでしたが確かにミルクに負けないしっかりとしたボディの紅茶で驚きました。なので個人的にこの紅茶はミルクティで飲むのがお勧め。というところでしょうか。

出来たばかりだからなのかどうか、茶葉の青さのようなものも感じられますが、ファーストフラッシュというので言えば”好み”の部分が多いので飲む方次第というところでしょうか。

以上のような結果から今回は”べにふうき”を限定でTeabridgeに追加させていただくことにいたします。

それとは別に、べにふうきを主にして多品種をブレンドした紅茶も作られているので、それも出来次第飲ませていただいてTeabridgeに加えたいと考えています。

入荷しましたら当サイトにて告知いたしますので気になる方は今暫くお待ち下さい。