またしても

先の日曜日に普洱系のお茶の飲み比べをやったと思ったら。。。

今度は持込の企画で国産烏龍茶が登場。


で、これがまた今現在限定でご提供しているメニューと”生産者違いのモロかぶり”という偶然?が重なり、それならということで飲み比べする事となりました。


うちは基本的に日本茶中心のお店なのですが、お茶を楽しみたいと仰るお茶好きさんにとってさほど問題ではないようで「茶」であれば何もで淹れてくれるお店という認識があるようです。

淹れ方もわからないようなお茶もあるというのに…(T . T)

さておき写真はお店の気軽さとは裏腹に「それなりの事をやってそうな感」が感じられるお客様撮影の素敵なワンショット(^_^;)


感想などは「茶淹人ブログ」のほうに書かせていただきますが、なかなか面白い結果となっています。

が、「それなり」って書いたのに何故いつも卓上がこうなる?もうほとんどお約束であります。

みたいな話はさておき、よろしければサブサイトもご覧くださいm(_ _)m


お茶が取り持つご縁に感謝!