· 

将来有望?

スパイスと日本茶の相性を探る実験イベント無事終了しました

 

ベースをなるだけ素直なお茶にしたくて在来を選びました

組み合わせたのはタイム・セージ・オレガノ・カルダモンの四種

 

その何れも、もとのお茶の個性を妨げる事なく、スパイスの個性もしっかりと主張するという結果になりました

そうこうして比べてゆくうちに茶種を変えたらどうなる?という好奇心が強くなり、想定外ながら何種類かベースを変えてやってみることにしました

結果として、スパイスと一番相性が良いお茶は『萎凋した釜炒り茶』という予想外の展開になりました

 

これについては参加者のお一人が「インバウンド」でも行けそうな気がすると仰っていたけど「砂糖を入れて飲む」という飲み方とかもアリかなとは思ったので、将来有望な提供方法の一つになる可能性はあるものの、比較検討して絞り込むまでには時間がかかるでしょうね

 

それはそうと、今回の別の主役は参加くださった方のお子さんでした

バスの絵柄のマットの上で小さな茶器セット!を見事に使いこなしたこの娘さんを見てて、いろ〜んな意味で将来有望やな〜〜ってなことを思った一日でした