· 

もしかしたら

お客様から頂いた海外メーカーが作ったSenchaを飲んでみました

 

淹れ方は「沸騰したお湯を70〜80℃まで冷まし220miの量で2分蒸らして注ぎましょう」というような表示でしたが茶葉量が1.5gだったので

 

ティーバッグを躊躇なくバラすと案の定粉々状態で色は褐色。茶葉の量から湯量、蒸らし時間共に半分以下にしてみました

湯温や湯量である程度味をコントロールできるのが緑茶のええとこですね

注いでみると色は黄色がかった薄茶色で香りは一般に想像する茶の香りとは異なります

味はと言うと想像するような火香は無く、どちらかと言えば薬草茶っぽい感じです

確かに「微妙〜」と思うかもしれませんが、作られた地でイメージされるSenchaの味がこうだったからこうなったとも思えます

 

それが良い悪いという話ではなく、もしかしたらそれを飲んだ現代の日本人だって同じように”Senchaとはこのような味なのだ”と思うのかもしれんなあと

 

道具を使って茶を淹れるという機会が少なくなりつつある時代ですからね

いただきものを飲みながら、ふとそんな事を思ってしまいました

 

このお茶が好きだという方もらっしゃるはずなで、そこが茶という嗜好品の面白さ

ですので機会がありましたら色々飲み比べてリーフのお茶を楽しんでいただきたいものです