· 

入荷のお知らせ

◆靜岡の『特蒸茶』

特蒸し(摘んだ茶葉を通常より長く蒸す)だけに水色(「すいしょく」=淹れたお茶の色)は緑の濃いものですが、色から想像するほど苦渋味はなく、フレッシュな青さを感じさせてくれる仕上がりとなっています

 

こちらのお茶は喫茶と販売両方での提供となります

◆品種茶2点

京都の『さえあかり』(写真左)と埼玉の『さやまかおり』(写真右)

 

普通蒸しと深蒸し、品種の違いもさることながら「さえあかり」は旨味というよりは甘味のようなものを感じることができるのに対し「さやまかおり」はパンチの効いた香りと渋みに特徴があます

 

こちらの2種類は喫茶のみでの提供となります


これらは単に「お茶」と一括りで呼ばれ、違いがないように思われるかもしれませんし、文章で書いてもどこまでお伝えできるかは疑問です

 

ただ凄く単純な事は実際に飲めば日本茶の多様性、淹れ方で変わる面白さがわかるという事です

 

今の時期のお茶は特に個性の違いがわかり易いものが多くありますので、この機会に是非一度「日本茶」を飲み比べていただければ幸いに存じます