· 

スパイス屋さんがやってきた

当店のメニューの中にほうじ茶をベースにした「ほうじ茶のチャイ」というのがあります

少し前、それが気になるというお客様に飲んでいただいたところ「これはこれでアリやなあ〜」という感想をいただいたのですが、何故気になられたのか?実はお客様がスパイス屋さんだったからなのでした

 

そして今日。日本茶とスパイスはマッチするのかどうなのか?という思いがあられて、スパイスサンプル持ってきました〜って言いながら、そのお客様が来店されたのです

 

ハーブティーをお作りになる方はお知り合いにもいらっしゃるけどスパイスでっていうのはあまり聞かないし(ハーブっちゃ〜ハーブやけどとも言われたけど)そんな事やる店も”そんなに無い”というわけで当店で実験開始

 

ベースのお茶を何にするか?量はどれくらいにするか?湯量・湯温をどうするか?とかまあ色々考える事はあるわけですが、そこはそれ「勘」で(←もう経験とか関係あらへん^^;)

 

結局、ある程度設計されて製造された優良品種の仕上げ茶よりも、タイミング良く?持っていた「在来」のお茶のほうが良くないか?という考えで在来でやってみたのです

 

結果、全く飲めないという事などはなく

そりゃリーフのお茶を飲み慣れていない方にとっては「何じゃこりゃ」かもしれないですが

薬膳茶?飲んでるみたいな感じで「ノンカロリーやし、なんや健康になれそうな気がしますな〜」というなんとも抽象的な結論に落ち着きました

 

でもこれ、文章では絶対伝わらんやろし、自分でやってみようと思われる方がそんなにいるとも思えない

 

というわけで、今回の実験をふまえて、来月あたりに『スパイスのお話をしていただくトークイベント』を実施しようかと思っています

「スパイスティー実験」は付随企画として。また「スパイスの販売」とかも行うつもりですが、詳細は決定次第改めてお知らせいたします